直線上に配置

目次 へ行く トップ頁へ

【熊本県】

永浦温泉
永浦荘

熊本県上天草市松島町合津


0969-56-0185

http://www.nagauraso.jp/

06年08月


          
 地図はクリック
行程:北九州〜高速九州道〜松橋IC〜国道266〜2号橋〜永浦荘〜帰りは行きと同じ道、
往復458km燃費15.6km/L(暑くクーラー使用) 
昼食休憩:3,675〜7,350円、入浴のみ:400円
266号線
不知火付近
永浦荘 右が永浦荘、左は海
湯屋入り口
右側にはお土産コーナー。
内湯 湯殿はかなりい大きい。20畳ぐらいの広さ。
内湯 打たせが2本、泉質は塩分がかなりあり塩辛いが、そのまま上がっても、べたべたはしないところが、海水と違うところか。
内湯 湯殿から見た入り口
永浦温泉ご案内 「この永浦温泉は・・・
昭和61年7月 当永浦荘が独自に開発・堀削に成功した温泉でありまして深さ1,000米の地底より湧出している天然温泉でございます。泉質をナトリウム塩化物泉、別名石膏泉と申しまして多量の有効成分を含んでおります為に保温力にすぐれ、いつまでも体がポカポカしているのが特徴です。どうぞゆっくり温泉浴をお楽しみ下さい。」
温泉分析票
ナトリウム-塩化物泉
湧出量:92.2L/min
36.4℃
循環・かけ流し併用

休憩した部屋 縁側も含めると10畳ぐらいの広さ。
休憩した部屋(2F)から見える海 島が見えますが、横島か?
昼食 いよいよ昼食
(5000円コース)

サザエのつぼ焼き・えび塩焼き・車えび踊り・鱚吸い物・イカさしみエビチリ・石鯛活き造り・茶碗蒸し・もずく・散らし寿司・他
左:頭から尻尾まで30cmぐらいの石鯛(刺身が食べきれないほどあり感激)

右:えび踊り(締める時が緊張)
窓からの海 12時ごろ

遠くに見える作業小屋付近は車えびの養殖場。
窓からの海 15時ごろ

有明海は干満の差が大きいと実感。
海から見た湯屋に隣接するホール コンクリートの土台の下の杭が完全に見えている。
駐車場 駐車場のメガーヌと永浦荘の車


直線上に配置

目次 へ行く

温泉についての豆知識

温泉についての定義

温泉法(昭和23年温泉法(改正平成13年6月27日法律第72号))の第2条次のように定義されています。「この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。」つまり、温泉源から採取されるときの温度が摂氏25度以上の温水、鉱水、水蒸気、ガスまたは下に掲げる何れかを一つ一定量以上の物質を含めばよく、25度未満の水でも温泉法では温泉になると思われます。

inserted by FC2 system